簡単サッシ カバー工法

HOME > カバー工法
大がかりな工事を必要としないカバー工法で、

カバー工法とは?

既存のアルミ枠をそのまま残して、その上に新しいアルミ枠をかぶせる工法を、カバー工法と呼びます。既存のアルミ枠を外す工事は、取り付けている外壁を壊す など、大がかりな作業を伴う場合がありますが、カバー工法ではその工程が省かれますので、工期短縮・コスト削減・環境面の影響が減少などのメリットがあります。

カバー工法でのアルミサッシ取替前
next
カバー工法でのアルミサッシ取替後

新しくアルミサッシを取替えたのと、見栄えは全く一緒です。

鉄筋コンクリートの建物などの場合は、既存サッシの取り外しが、かなり困難になるので、

特に、このカバー工法が最適です。